one by one

ちばわん出身の「そう」と「こま」の日常、そして預りっ子の本当の家族を探しています。




いつも元気にそうこまと遊んでいるよよは散歩が大好き。

毎日毎日、何かを発見しているようで、本当に楽しそうに歩きます。

20120613_3

今ではすっかり馴染んでくれていますが、遡ること2ヵ月半前・・・ 

その日の夜に預かり宅に到着し、風呂から出た直後のよよです。

20120613_1

最初から、人にも犬にもフレンドリーなよよでしたが、

いきなり知らない所に連れて来られて、本当はとても怖くて不安だったと思います。

20120613_2
固まったまま不安げに見上げています。

うちに来る前も、たくさんたくさん頑張りました。


以下、センターでのよよです。

    ※写真はちばわん愛護センターレポートからお借りしました。

20120306_yoyo_1

よよは、まだ寒い今年の3月6日にセンターに収容されました。

首輪をしているということは、誰かに飼われていた事を意味しています。

20120306_yoyo_2

幾日かをここで過ごし、ひたすら飼い主さんが迎えに来るのを待っていましたが、

やがて収容期限を迎えてしまいます。

yoyo_center_2

ですが、運良く3月12日にワクチンを接種し、譲渡用の目印である赤い紐をつけてもらえました。

これで処分される事は、ほぼ無くなりましたが、

やはりこの白い子犬は、以前の飼い主に探してもらえませんでした。

こんなに幼い子を、こんな目に合わせるなんて。

yoyo_center_1

処分される事がなくなったと言っても、これから更に2週間の検疫期間を耐えなければなりません。

検疫期間中に感染症などにより、本当にあと一歩のところで命を落とす子も少なくありません。

センターから出てくるのを心待ちにしていた預かりさんが、悲しい思いをした例を幾つも知っています。

yoyo_center_3
とっても食いしん坊なのに、フードを残しています。

でも、よよは本当に頑張ってくれました。

外に出ることも叶わず、狭いステンレスケージの中で、長い間耐え抜きました。

そして、ちばわんメンバーに引き出された後、預かり宅に来るのですが、

冒頭の様に、もう少し頑張らなくちゃいけなかった訳です(苦笑)


yoyo_center_exit
預かり宅に来る直前、運搬ボラのTさんが送ってくれた写真です。


よよ見ていて思うのです。

この子はうちの子になりたいだろうな・・・と。 いやもう、そう思っているかも。

いぬ親様に繋いだら、また捨てられちゃったと思うかな?

だから、よよ自身が「ボク、こっちのおうちの子になる」と思えるような

元飼い主がうらやむような、飛びっきりのご縁を見つけてあげたい。

そう思っています。






関連記事

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうこまぱぱ

Author:そうこまぱぱ
ちばわんで預かりをしています。
先住犬の「そうこま」と一緒に、
ママもお手伝いしています~!


まとい(♀) 募集準備中

 


つむじ(♀)がんばれ~!

 


宵→はる(♀)おめでとう!

 

こもれび(♀)

 

たれ(♀)

 

つや(♀)

 

かたり→あかり(♀)

 

みなも(♀)

 

イル(♀)

 

ひだまり(♀)

 

うるし→カブ(♀)

 

てん(♀)

 

根太くん(♂)

 

ぴと→ぴぃ太郎(♂)

 

ちゅちゅ→ハル(♀)

 

しじま→麗(♀)

 

ながめ→サラ(♀)

 

そろり→日向(♂)

 

なつく→ルル(♀)

 

うららか→マナ(♀)

 

てれ(♀)

 

よよ(♂)


そう(♂)2010.3.27~2017.5.6

 

こま(♀)2011.1.15~

 

はた(♀)2017.8.26~

 

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

預かりっ子についてのご質問等は、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: