one by one

ちばわん出身の「そう」と「こま」の日常、そして預りっ子の本当の家族を探しています。




そうこま家ではお馴染みのバックショット^^



20140609_4
おやつ待ちの図


そう言えば、ちゅちゅがそうこまと過ごす様子をあまりお伝えしてなかったと気が付き、早速アッープッ!

最近は仮父母の在宅時は全部屋フリーにしています^^ 


20140609_8
わくわく顔の3頭^^


最初こそ、こまに唸る事があったちゅちゅ。

と言っても、むやみに唸りまくる訳ではなく、それに至る原因はありまして・・・^^;

ちゅちゅの場合は他犬に対して顔から(正面から)行ってしまう事があるため、

怒ったこまが反応すると、それに対して唸るというパターンでした。


「よし!」
20140609_9
凄い顔してますが(笑)、優しくもらっていますよ


ちゅちゅが突っ込んでトラブルになるのなら、正面から行かせないように教えてあげれば良いだけの事。

あこさんから教えていただいた事を続けていたら、今では唸る事は殆どなくなりました^^v


「あたちに無礼を働く事は許ちません!」
20140609_11
びびりだけど、柴気質を持つお方^^;


一方、そうは正面から来られようが、執拗に個人情報を嗅がれようが、たまに困った顔をするくらい。

自分から積極的に相手にする事はないので、トラブルに発展する事はありません。

まあ、寝転がってるちゅちゅを悪びれずに踏んづけたりするので、別の意味で一目置かれてるかな(笑)


20140609_10
全く相手にせず、ずんずんと水を飲みに行くお方^^


今のところ、トレーニング目的で室内でもリードをつけたりしていますが、

つけなくても特に何をする訳でもなく、ペロペロ攻撃→のどが渇く→水がぶ飲みを繰り返してます(汗)

悪戯?といえば、マッハで走りまわったり、そうのベッドを運ぼうとするくらいかな? (ちゅちゅよ、お前もか!)


20140609_5
ちゅちゅを監視中のこま(笑)


トイレについては、やはりシーツの認識はあるようで、必ず敷いてある位置に行ってシッコします。

大雨の日にウンも成功していたけど、「できれば外でしたいなー」って、こないだちゅちゅが言ってた。


20140609_6



外でゴロゴロするのが好きなちゅちゅにとって、梅雨の時期はつまらないかも知れないね~

暑いのも困るけどさ^^;



20140609_2
ゴロゴロ中~      ※先日晴れてた時の写真です^^


そんなちゅちゅは、15日(日)開催の定例いぬ親会に参加します。

少しずつ・・・でも確実に成長している可愛いちゅちゅに是非会いに来てくださいね!



20140609_1
人を笑顔にする子ですよ!


スカッと晴れるといいな~




関連記事

コメント:

柴犬はどうしても正面からくるわんこには、
ガウってしまいますよね。
日向も正面からくるから、
静夏からガウられていました。
最近は、少なくなってきたかな?

ちゅちゅちゃん定例いぬ親会で、
赤い糸が見つかるといいですよね。

>日向ママさん


こんなにびびりなのに、文句はきちんと言わないと気がすまないんですよねぇ・・・
柴気質って不思議というか、面白いです^^

ちゅちゅは何もしていないのに、こまが怒る事もあり、
最近ではこまもトレーニングしてます(爆)

ちゅちゅは独特の魅力がある子なので(笑)良いご縁が見つかると嬉しいですね~^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そうこまぱぱ

Author:そうこまぱぱ
ちばわんで預かりをしています。
先住犬の「そうこま」と一緒に、
ママもお手伝いしています~!


つむじ(♀)いぬ親さま募集中!

 

はた(♀)いぬ親さま募集中!

 


   今はいないよ~

 


宵→はる(♀)おめでとう!

 

こもれび(♀)

 

たれ(♀)

 

つや(♀)

 

かたり→あかり(♀)

 

みなも(♀)

 

イル(♀)

 

ひだまり(♀)

 

うるし→カブ(♀)

 

てん(♀)

 

根太くん(♂)

 

ぴと→ぴぃ太郎(♂)

 

ちゅちゅ→ハル(♀)

 

しじま→麗(♀)

 

ながめ→サラ(♀)

 

そろり→日向(♂)

 

なつく→ルル(♀)

 

うららか→マナ(♀)

 

てれ(♀)

 

よよ(♂)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

預かりっ子についてのご質問等は、こちらからお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: